大家
ストーリー

100年超の歴史と記憶。
本物を未来へと繋いでゆく。

大家について

「大家(うふやー)」のメインである「安里家」は今から100有余年前、明治時代後期に建築されました。
歴史的価値から見ても未来に残すべきだと考え2001年に修復し、南側に沢岻家、北側に新城家を移築・復元し、沖縄そばと琉球料理の店としてオープンいたしました。

大家ストーリー

安里家(あさと家)

安里家七世の晋芳が明治34年(1901年)に現在の名護市中山に建築。築100年たった2001年8月に修復され現在に至ります。「大家・うふやー」という名称は、安里家の屋号からきています。同じ姓の多い沖縄では、昔は個人の姓名よりも屋号で呼ばれる事が多く、「うふやー」という屋号は、本家(沖縄で言うムートゥヤー)のような意味合いを持つと言われています。

沢岻家(たくし家)

沢岻家は、沖縄県今帰仁村湧川に明治時代後期に建築された民家を、現在の場所に移築したものです。屋号は「カーラヤー」と呼ばれており、「カーラヤー」とは「赤瓦葺きの家」という意味で、当時はほとんどの民家が藁葺きであった事を考えると、「赤瓦葺きの家」は、かなり裕福な家であったことが窺われます。建築には、チャーギ(イヌマキの木)が使われ、釘を使わない工法で建てられました。

新城家(あらぐすく家)

新城家は、昭和8年(1933年)沖縄県国頭村の謝敷に建築された民家を、現在の場所に移設したものです。屋号は「カーヌメー」と呼ばれていました。「カーヌメー」とは「川の前」という意味で新城家が川の前にあったため、このような屋号で呼ばれていました。建築に使われた木材は、謝敷山から採れた樫の木が使われています。

~大家の庭園散策~

自然豊かなやんばるの森を活かしながらも、美しい南国の花や草木を植樹し、豊かな自然を表現しています。
建物内から見える滝は、ずっと丘の上の方まで続いており、散策コースの頂上から大家を見下ろす景色はまた格別です。
ぜひ食事の後に散歩してみてはいかがでしょうか。

大家の思い

大家の古民家は、実際に沖縄の歴史と、
名護の自然の息吹に存在し続けた、文化的にも価値のある建築物です。

古民家に、響き渡る滝の流水音や、
吹き抜ける風、満点の星空、全てが非日常。

空間だけでなく、料理・接客まで、
大家のおもいを味わって頂ければと考えております。

大家支配人
渡具知 和江

ご予約

ご予約はこちらのページから承っております

予約・お問合せ

TEL: 0980-53-0280

営業時間
【 昼 】11:00~17:00(ラストオーダー16:30)
【 夜 】18:00~22:00(ラストオーダー21:00)

住所:沖縄県名護市中山90 > MAP