大家(うふやー)について

大家
100年の歴史を刻む古民家を復元。

「大家・うふやー」は、明治時代の後期に現在の名護市中山に建築された安里家を2001年に修復、後に南側の沢岻家、北側の新城家を移築・復元して、沖縄そばと琉球料理の店として、オープンいたしました。「大家・うふやー」という名称は、中心に位置する安里家の屋号からきており、同じ姓の多い沖縄では、昔から、個人の姓名よりも屋号で呼ばれる事が多く、「うふやー」という屋号は、本家(沖縄で言うムートゥヤー)のような意味を持つ屋号と考えられています。

安里家(あさと家)

うふやーの中心に位置する安里家は、安里家七世の晋芳が明治34年(1901年)に現在の名護市中山に建築。築100年たった2001年8月に修復され、「大家・うふやー」の中心の建物として利用されております。歴史の流れを感じさせる大きな黒い梁が、100年以上たった今もしっかりと建物を支えている様子は、見る人に感銘を覚えさせます。

沢岻家(たくし家)

沢岻家は、沖縄県今帰仁村湧川部落に明治時代後期に建築された民家を、現在の場所に移築したものです。屋号は「カーラヤー」と呼ばれており、「カーラヤー」とは「赤瓦葺きの家」という意味で、当時はほとんどの民家が藁葺きであった事を考えると、「赤瓦葺きの家」は、かなり裕福な家であったことが窺われます。建築には、チャーギ(イヌマキの木)が使われ、釘を使わない工法で建てられました。

新城家(あらぐすく家)

新城家は、昭和8年(1933年)沖縄県国頭村の謝敷部落に建築された民家を、現在の場所に移設したものです。屋号は「カーヌメー」と呼ばれていました。「カーヌメー」とは「川の前」という意味で新城家が川の前にあったため、このような屋号で呼ばれていました。建築に使われた木材は、部落内の謝敷山から採れた樫の木が使われています。

大家
大家の庭園めぐり

大家(うふやー)では、季節毎に鮮やかな花や実がなる植物がいっぱい!大家の庭園の散歩はとっても気持ちがいいです。マイナスイオンを浴びながら探索してみてはいかがでしょうか。

大家 大家 大家